ねずみ駆除のいろんな歴史

  • ねずみ駆除方法は何種類かある為、よく考える

    • ねずみは日本全国に生息しており、通年を通して活動し、毎月のように妊娠して子供を1回の出産で6〜8匹程度産んでいきます。
      繁殖のスピードが速く一気に増えて行くため、このように増加する事を「ねずみ算」と表す言葉があるほどです。食欲も旺盛で雑食性のため、昆虫や木の実など何でも食べます。
      人家に入り込んで食料を食い散らかす被害も多く聞かれています。日本に生息しているのは「クマねずみ・ドブねずみ・ハツカねずみ」の3種類で大部分を占めています。


      特にクマねずみは人家に入り込んで住み着いてしまうことが多く、天井裏などに巣を作ります。
      その時、快適な寝床を作るために断熱材や保護紙などをちぎり取り荒らしてしまうのです。
      また、柱や梁などに使われている木材を削り取ってしまいます。


      これはねずみの歯は一生伸び続けるため、それを調整するために硬いものをかじっているのです。


      これにより、長い間被害を受けた人家は耐久性がかなり低下してしまいます。



      被害を拡大させないためにもねずみ駆除を行いましょう。



      現在人気のあるねずみ駆除グッズとしては、超音波器があります。
      これはねずみが嫌う超音波を発生させて追い出す方法です。

      センサー付きの物も販売されており、ねずみを完治した時だけ電源が入るため経済的です。



      長い間利用されているのは、粘着シートと捕獲カゴを使う方法です。
      しかし、罠にかかったねずみを自分で処分しなければならないデメリットがあります。
      処分する際は素手で触ったりせず、必ず防護手袋を着用しましょう。

      その他、ねずみ駆除グッズとして殺鼠剤を使用する方法がありますが、劇薬なので取り扱いは慎重に行わなければなりません。

top